「プリジェルの生みの親」 プリアンファ上本の思い 〜公式ホームページより〜

プリアンファ上本の思い

 

 

〇ソークオフジェルの扱いの注意点

・カラージェルは2層目できれいに発色。厚塗りなった場合先端かけの原因にもなる。
・カラーを厚塗りしたり、カラーで形をつくろうとはしない。 爪を痛める原因となったり持ちを悪くする。
・ベースは厚塗りにならないよう薄塗りで。薄ければ薄いほど持ちは良い、ただし、塗りむらのないようまんべんなく塗布。
・痛んで凸凹している爪の表面は、バッファーなどで削って整えるのではなくクリアジェルで整える。
・サンディングが必要な時は表面を多少傷つける程度で同じところを往復させない。
・ポイントをつくったり、厚みをだしたりと形をつけるのはトップで作業する

〇爪を痛めないオフの仕方

1).熱めのお湯に指を数分つける
2).水分を拭きとる、
次に80〜100グリットのファイルでトップ部分をすべて削ったら、数か所ベースの手前まで削る、
またはマシーンで数か所穴をあける。
(注)この時地爪までいきそうで自信のない方は80グリットのファイルや マシーンは使用しない
3).アセトンを含ませたコットンを爪の表面におきアルミでまく。
できればその上から指サック(スーパープリキャップ)をする。この時、コットンは少し厚めに。
4).特に表記がなければ通常12分から15分置く
ジェルによってはそれより短いもの、長いものがあるので説明をよく読む。
5).オレンジステックやなだらかなステンレスプッシャーなどで軽く押し上げたり滑らしてとる。
この時、とれにくかったら、無理をせず、キューティクルリムーバーを塗布しなじませ、とっていく。
それでも取れない場合は再度同じ手順で初めから。